2003/2/1

【地域猫】バットで殴られ・・瀕死の重傷を負った猫のお話 2001/12

ある公園の猫 「 トラ 」の話
 
左の写真は12月1日、ある公園で心ない仕打ちを受け保護された一匹の猫です。

この公園には、飼い主から見捨てられた猫が肩を寄合いひっそりと暮らしています。

私たち「動物いのちの会いわて」では、雌猫を1匹ずつ捕獲しこれ以上不幸な「命」が増え続けない
よう理解ある獣医師さんの援助をいただき不妊手術を施してきました。
また、その一方平行して毎日の給餌も続けておりました。
 
 
ご迷惑をお掛けした公園近隣の住民の皆様にも、会の趣旨とこれ以上捨て猫を増やさない
活動を今後も継続していく旨説明し、ご理解とご協力を得ることができホッとしておりました。

ところが先日、猫のために用意した寒さ対策のダンボール小屋がバットのようなもので壊され
ているのを発見し、いつもそこを棲家にしていた、「トラ」(写真の猫)の姿が見あたりません
でした。
担当スタッフが近くの山を歩き回り探したのですが、ついにその日は姿を見つけることが
できませんでした。

翌日、改めてスタッフが探しに行くと、壊されたダンボール箱の横にうずくまるように潜んで
いるトラの姿を発見しました、その姿は写真でも分かるように、顔面が大きく歪み目さえも
開けることもできない程の打撲を受け鼻からの出血も激しくすぐに緊急入院となりました。
おそらくダンボール箱の中で、つかの間の安息に浸っていた時に、心ない人間に殴られた
ものと思われます。

皆さんはこの事件をどう思われますか?公園に見捨てられ、それでも必死で生きている
トラにやっと与えられた安息の棲家「ダンボール」 そこでおきた今回の虐待、この猫が
いったい何をしたというのでしょうか?
トラはこの近隣に住まう猫の中でも一番人懐っこい性格で、野良といっても一度は人に
飼われた経験があるのではと思えるほど人間に慣れています。

その大好きな人間にこのような酷い仕打ちを受けながら、それでもなおトラは私たち人間の
膝の上にのってゴロゴロと喉を鳴らし続けるのです。鼻から血を流し足を引きづりながらも、
より人恋しく甘えてくるのです。 

今現在この公園では10匹程の猫たちが暮らしています。
これから雪が降り、寒さも一段と厳しく深まる岩手の冬を迎え、猫たちの安否が気になります・・・。
 
お知らせ!
「 トラ 」 は現在里親さんのもとで幸せに暮らしています。
最新記事
月別アーカイブ

お問い合わせ先

 

☎ 019-692-5920

FAX 019-691-1771

迄お願いします。

☎対応時間11:00~15:00

 FAX 24時間受信可

お問い合わせは

お問い合わせページから

TEL対応時間帯であっても動物のお世話等でお受けできない場合があります。ご理解の程お願い致します

 

 

会費・寄付・物資援助のお願い

銀行振込          岩手銀行 矢巾支店 普通 1226098
  動物いのちの会いわて    郵便振り込          02250-1-58446
動物いのちの会・いわて 
 支援物資送り先   ◎ フード・毛布等    020-0507
岩手県岩手郡雫石町丸谷地37-42
動物いのちの会いわて・事務所
019-692-5920 
フリマ用品・フード・毛布等025-0084
岩手県花巻市桜町1-698-4
動物いのちの会いわて・県南倉庫
080-5741-3602
 

譲渡会開催中

動物いのちの会いわてでは、新しい里親(飼い主)さんを募集する定例譲渡会を開催しております。
 
アニマルドネーション
「キモチをカタチに」人と動物の豊かな社会を目指す寄付サイト
「動物いのちの会いわて」は、アニマルドネーションの寄付先団体です。 
寄付先を「当会へ」指名してくださいね。
 
当会は、「セーブペットプロジェクト」から医療費支援を受けています
  

岩手大学・いのちのサークル「ねこの手」

 岩手大学の公認サークル!
アニマルシェルターでのボランティア活動、各種イベントへの出展や、学内での地域猫活動等を行っています。
当いのちの会シェルターの頼りになるボランティアさんです。