ぼくはじゃれっこ大好きにゃ♡♡
古来縁起の良い「福を呼ぶ黒猫」さ!

● No.【c-200903-2】ステラくん
● 猫 種 :日本猫mix
● 性別:オス(♂) 
● 年齢:2020/7/20頃の生まれ 
● 毛色:黒白猫(マスク)
● ワクチン等:3種混合ワクチン 済
● 飼育難易度1(ベッタベタの甘えんぼ)
 ※ 難易度1(ベッタベタの甘えん坊)~難易度5(飼育には工夫と努力が必要)
● 現在の保護先:岩手県内の当会の一時預かりボランティアさん(善意の個人)のおうち
● 岩手県内に在住の満60歳未満の方に!
※ 同居のご家族に満60歳未満の方がいる場合はOK!
● 預かりさんのお家で、3匹仔猫達は、お姉ちゃん仔猫と一緒に育ちました。
なかよしの3兄妹を2匹一緒に迎えて下さる方に。
● 今どきの猫は「室内で飼う」のが猫飼育のお約束!ですよ。脱走防止をして飼いましょう。
 
    
 
● 特 徴:とってもかわいい3匹の兄妹猫
まだ・・赤ちゃんの時に・・
県南で段ボールに入れられて捨てられてしまいましたよ;;
保健所へ出されてしまいました;
 
 
幼い兄妹猫・・・なんとか助けてあげたいと
猫の一時預かりボランティアさんが預かり育ててくれました
 

猫は、他の猫ちゃんと一緒に育つことで社会性が身につきます。
生後2週目から12週目位が、社会化の時期!
仲良し兄妹仔猫と一緒の暮らしは、ステラ君、を人に慣れた温和な猫ちゃんに育ててくれましたよ
幼い3兄妹猫にとっては、小さいけれどお姉ちゃん猫茶白ほまれちゃんが良い教育係です
 
 
生後3か月!そろそろ・・・里親さんを募集する準備に入りました
人間ですとまだ5歳児!
兄妹猫は世界で3匹だけ!
とってもかわいい3匹の兄弟姉妹猫の里親さんになってくださいね
 
黒猫の”ステラくん”は人間大好きな甘えん坊のぼくちゃん猫
古来人気の、幸せを呼びこむ福ネコ!
つやつや光る真っ黒のお洋服が自慢です
 
 
茶白ほまれちゃんと互角に遊んでいます
とっても明るくて朗らかな仔猫ちゃんですよ
 
じゃれっこ遊びもお相撲も大好きにゃ!
毎日、兄妹猫達と追いかけっこやお相撲をとって遊んでいます
もっともっと追いかけっこしようよ!ってアピールしていますよ
人間の年齢ですと、5歳位のぼくちゃん猫

トイレもとても上手にできますよ

ご飯も好き嫌いしませんよ
なんでも大好き♥もぐもぐ食べます。
 
 
猫の性格は、持って生まれた「天性の性質」と、
生後2~12週の「社会化期」と呼ばれる時期にどのように過ごしたかで決まります  
まま猫や兄弟姉妹猫、仲良し猫と一緒に過ごし、多くの遊びや経験から、ジャンプの仕方、排せつや、餌の取り方など、猫としての経験を積みますよ
猫同士だけでなく、犬などの他の動物や人間、周囲の環境など、さまざまなものに対する適応能力を身につけ、生後3か月頃になると、身体は小さくても、猫として独り立ちできるようになる大切な時期です

仔猫は、まま猫や兄弟姉妹猫と、生後3か月前後まで一緒に育てることがとても大切なんです
社会化期にいろいろな経験をしないまま、人間とばかり過ごしていると、
極端に臆病になったり、人見知りが激しく、力加減ができずに、攻撃的になったりしますよ
この時期にいったんそうなってしまった性格を、大人になってから変えるのは難しいのです

社会化期に経験が乏しく、ずっとひとりぼっちで育ってきた猫は、もう1頭猫を迎えたいなあ・・と考えても、仲良くさせるのは難しい可能性もあるのです
しっかりと社会化された「社交的な猫」に育てるには、子猫の頃にたっぷりいろいろな経験がとても重要なんです
黒猫の”ステラ君”は、兄弟姉妹、教育係のお姉ちゃん猫と一緒にすごすことができました
とてもいい子に育ちましたよ
 
猫はストレス(新しいお家・他の猫との生活等の環境の変化)にとても弱いんです
小さくても「こころ」を持った生き物です
新しい環境になれるのにお時間もストレスもかかりますよ
一緒に育った兄弟姉妹猫と離れるのは悲しく辛いことなんです。
仲良し兄弟姉妹猫が募集していたら、どうぞ一緒に迎えて下さいね
猫のストレスも少なく、お家にもすぐになれてくれますよ
 
高齢独り暮らしの飼い主さんの飼育放棄が急増中!

今全国的にも問題になっているのが「高齢者の飼育放棄!」です。
入院・入所・死亡により、ペットを手放す方が急増しています。
年金暮らしで、高額な避妊手術を受けさせられないままエサだけを与えて飼育し、
10匹・・・20匹・・・と数を増やしてしまう方も・・・
猫の平均寿命は16歳!・・・でもご長寿の猫は26歳にも・・・
猫の寿命が昔と違って、伸びてきているのも
この問題に拍車をかけることになっています
 
猫の平均寿命とご自身の健康寿命を考えて飼育を始めても
飼い猫の寿命が延びることによって・・ご自身が力尽きる・・;
このようなケースも増えていますよ

60歳を超えてから迎えるペットは、「飼い主さんが2度変わる!」と考えて下さいね。

一人暮らしでさみしいから・・猫好きの両親に猫をプレゼント!
ちょっと待ってください・・・
親御さんは年々年老いて・・・自分自身のことすらできなくなってきますよ
プレゼントした方!万一の際には、引き取ってご自分で飼う覚悟が必要ですよ

親御さんが猫を飼おうと考えていたら、
本当に面倒を見ることができますか?
万一の際には、引き取って飼育できる身内がいますか?
しっかり話し合って下さいね
別居の子供さんがいても、万一の際には・・
住宅、アレルギー等で、引き取れない方も多いです
次に託す方がいない場合は、
ご自身が責任をもって看取ることができる年齢の子を迎える!
子猫を迎えない‼ ことも選択肢の一つ!愛情ですよ。

厳しい現実ですが、老後の平均年表・・・です
 
65歳;7人に1人が認知症・・。
72歳;男性の健康寿命
74歳:女性の健康寿命

※ 家族に迎える犬猫の犬猫種の年齢(平均寿命+1~2歳位)を目安にして
自分が飼育可能かどうかを検討して迎えて下さい

80歳;男性の平均寿命
 ※ 「平均寿命」というのは、その年齢時点で、同級生の半分以上が生きている・・という事ですよ。
82歳:サ高住入居者の平均年齢(一人暮らしはもう無理・・という年齢です)
83歳;相続問題が発生!(死亡する方が一番多い年齢です)
85歳;介護付き有料老人ホーム入居者の平均年齢
 ※ 2人に1人が介護が必要!になっている現実です。
87歳:女性の平均寿命
※ 「平均寿命」というのは、その年齢時点で、同級生の半分以上が生きている・・という事ですよ。

天寿を迎えるまでの最後の10年前後は、「元気ではない…状態」で過ごすことになりますよ。
飼育が難しくなって、手放す(飼育放棄)する方が増える時期です。
ペットも高齢・・・引き取り手が見つからない・・状態になってしまいますよ。
ペットを迎える場合は、元気でお世話ができる年齢!
「健康寿命!」を考慮して迎えましょう。

60歳を超えてから猫を家族に迎える際によく考えて下さいね

自分の入院時に預ける「ペットホテル」の費用も予算組しましょう
猫でも、1か月30000円前後必要ですよ
友人知人に預かってもらうとしても・・お礼と実費は必要です
飼い主さんが末期の病状ですと・・
数か月・・預けながらの里親探しになります!
 
年をとるにつれ・・経済面では徐々に苦しくなってきます
入退院を繰り返して・・ご自身の医療費もかかる・・・
愛猫にかかる・・そんな費用は無理・・だとお考えなら、
猫を飼う資格があるかどうかをもう一度考えて下さいね

当たり前のように、
「もう・・ペットホテル代金を支払えないから引き取って!」
こんな飼い主さんにはならないで下さいね
 
黒猫の”ステラくん”を家族に迎えますなら、
猫より絶対に長生きするぞ!と決意をされた60歳位までがお勧めです
  
ご自分の健康寿命から引き算をして
黒猫の”ステラくん”の天寿を看取ってあげられると思いましたら、
どうぞ黒猫の”ステラくん”を家族に迎えてあげてくださいね


 

お問い合わせ先

 

☎ 019-692-5920

FAX 019-691-1771

迄お願いします。

☎対応時間11:00~15:00

 FAX 24時間受信可

お問い合わせは

お問い合わせページから

TEL対応時間帯であっても動物のお世話等でお受けできない場合があります。ご理解の程お願い致します

 

 

会費・寄付・物資援助のお願い

銀行振込          岩手銀行 矢巾支店 普通 1226098
  動物いのちの会いわて    郵便振り込          02250-1-58446
動物いのちの会・いわて 
 支援物資送り先   ◎ フード・毛布等    020-0507
岩手県岩手郡雫石町丸谷地37-42
動物いのちの会いわて・事務所
019-692-5920 
フリマ用品・フード・毛布等025-0084
岩手県花巻市桜町1-698-4
動物いのちの会いわて・県南倉庫
080-5741-3602
 

譲渡会開催中

動物いのちの会いわてでは、新しい里親(飼い主)さんを募集する定例譲渡会を開催しております。
 
アニマルドネーション
「キモチをカタチに」人と動物の豊かな社会を目指す寄付サイト
「動物いのちの会いわて」は、アニマルドネーションの寄付先団体です。 
寄付先を「当会へ」指名してくださいね。
 
当会は、「セーブペットプロジェクト」から医療費支援を受けています
  

岩手大学・いのちのサークル「ねこの手」

 岩手大学の公認サークル!
アニマルシェルターでのボランティア活動、各種イベントへの出展や、学内での地域猫活動等を行っています。
当いのちの会シェルターの頼りになるボランティアさんです。