穏やかでもの静かな「全盲の幸幸(ここ)ちゃん」
 
 
 「交通事故で負傷した猫緊急レスキュー」
● No.【c-20160521】幸幸(ここ)ちゃん 
● 猫 種 :日本猫mix
● 性別:メス(♀)避妊手術済
※ ウィルス検査済 エイズ(-)白血病(-)
● 年齢:2015年生まれ 
● 毛色:キジ白
● 全盲(目は開いていますが、全く見えていません)
● 体重:
● ワクチン等:2016/5/21ワクチン3種済(-)(-)
● トイレしつけ済
● 飼育難易度2:人に慣れた甘えん坊。
難易度1(猫飼育初めての方にお勧め)~難易度5(かなり難しい) 
● 現在の保護先:岩手県内の当会の一時預かりボランティア(善意の個人)さんのお家。
● 岩手県内に在住の満63歳未満の一定の収入のある方に!
※ 同居のご家族に満63歳未満の方がいる場合はOK!
● 今どきの猫は「室内で飼う」のが猫飼育のお約束!ですよ。脱走防止をして飼いましょう。
 

● 特 徴:キジ白猫の幸幸(ここ)ちゃんは、交通事故で、「負傷ネコ」で病院へ担ぎ込まれました。
岩手県では、負傷動物に医療費の助成金が出るように、当会で働きかけて、実現しました。
岩手県指定の負傷動物受け入れ動物病院(県獣医師会会員病院)、1匹上限1万円までですが、とても成果を上げている制度です。
 
2016年5月8日!県都の某小学校の近くで交通事故に遭い動けなくなっている負傷猫を助けて欲しいと緊急レスキュー依頼を受けました。
もう1匹が幸幸(ここ)ちゃんに付き添っていましたが、幸幸(ここ)ちゃんが保護されると逃げ出してしまいましたよ。
幸幸(ここ)ちゃんは、片目摘出の大手術を受けました。
もう片方の目は残りました・・・が、瞳孔が開いたままで見えません(画像は写りません)。
 
保護した時、オッパイが張っていたので子育て中だったのだろう・・と思い、近所を探して見ましたが子猫は見つけてあげられず・・可哀想なことをしました。
負傷猫で治療後、全盲の幸幸(ここ)ちゃんを保健所に戻すのはあんまりにも不憫・・と支援動物病院の先生から預かった、まま猫ちゃんです。
 
会で保護し、しばらくの間ケージで、まるで置物のように動かずに丸まって・・全く無反応で゛目が見えないだけではない幸幸(ここ)ちゃんの悲しさが、見ているこちらが辛くなる子でした。
2017/9に、当会の一時預かりさんが、会の施設のケージで里親さんを待っていてもお迎えは難しいだろうから・・と、見かねて・・預かって下さいました。
お写真は、今幸幸(ここ)ちゃんが過ごしているお部屋ですよ。
昨年9月に犬3猫12の仲間入りしてから、いつの間にか爪も立てなくなりました。
ご飯時には、一日コロコロ・・している高い所からキャットタワーの段を使って、上り下りして、群れの1番後ろでご飯を待ちますよ。
 
 
・・・とても慎重に暮らしている幸幸(ここ)ちゃん。
たぶん生れて初めての犬との生活、意地悪されるわけではないのですが、
犬の吠える声が、目の不自由な幸幸(ここ)ちゃんにはものすごく恐ろしいのでしょう。
・・きっと、警戒心から、思うように動けないのかもしれません。
幸幸(ここ)ちゃんが、もっと行動範囲が広がり、心穏やかに過ごせるように里親さんを募集します。

預かりさんのお家では、水を飲みにキャットタワーを降り、トイレにも行きます。
失敗はありませんよ。

闇の中にいる幸幸(ここ)ちゃんに大切なのは、音と、触ってあげる手と、声をかけてあげられること。
 
幸幸(ここ)ちゃん一匹を大切に迎えて下さる優しい里親さんを募集します。
定年を迎え、新しい生活に仔猫を迎えたい!
連れ合いもいなくなった・・・さみしいから仔猫を迎えたい!
APで一人暮らし、お留守番させちゃうけど・・仔猫を迎えたい!
猫を飼うのは初めて!小さな子もいるので・・仔猫を迎えたい!

生活の友にとご希望される方も多いです。
本当に仔猫でなくちゃだめですか?

ご自分だけは元気で長生き・・と根拠のない自信を持たないでくださいね。
死は確実にやってきます。
猫は、長寿です。完全室内飼いの猫の寿命は平均16年前後、長寿の猫は26歳にも・・。
岩手県民の健康寿命は、男性は70歳、女性は73歳です。
65歳を超えましたら7人に1人が認知症です。
85歳過ぎますと2人に1人が介護が必要になっています。
それからは、平均寿命まで、健康ではない状態で生活して行くことになりますよ。
とはいえ、平均寿命といいますのは、その年齢で約半数の方が亡くなられますが、半数は生きている・・という事です。
実際は、男性は90歳くらい、女性は95歳くらいまで長生きされる方が多いのです。
ただし、ホーム入所や入院になったら、ご家族も介護で手一杯、費用面でも高額負担になってしまいます。

夫婦だけのご家族や同居の未婚の子供さんも増えています。
猫を家族に迎えます時は、その猫の天寿を看取ってあげましょう。
ご自身の健康と、健康寿命を計りにかけて、本当に責任をもって迎えられるかどうか。考えてくださいね。

別居の子供さんがいても、親の飼っていた猫を引き取って飼えるという方はとても希です。
ペット飼育不可のお住まい、お孫さんがアレルギー、離婚等での経済的な問題等、事情は様々ですが、「飼えない方が多い」現実です。
ご自身が責任をもって飼える年齢の猫をご家族にお迎えくださいね。

家族を亡くし、ひとりぼっちになった成猫(大人の猫)が沢山保護されて来ています。
ご家族に慣れるには、仔猫も成猫も変わりはありません。
阪神大震災の時に保護した猫の1年後のアンケート調査結果では、
「皆半年位で慣れてくれた。
仔猫も成猫も慣れるのは同じくらいかかった」
という結果がでています。
成猫は、性格もはっきりしています。元飼い猫ですなら、人にもとてもなれています。
社会経験も豊富。 しっかり甘え、慰め、家族を癒してくれることでしょう。
飼育の手間もかかりませんよ。

ご家族にふさわしい猫はどんな子なのか。いろいろなご縁を検討していただけましたら嬉しいです。

60歳を超えてから迎えるペットは、「飼い主さんが2度変わる!」と考えて下さいね。
次に託す方がいない場合は、ご自身が責任をもって看取ることができる年齢の子を迎える!
子猫を迎えない‼ことも選択肢の一つ!ですよ。

”幸幸(ここ)ちゃん”を家族に迎えますなら、猫より絶対に長生きするぞ!と決意をされた63歳位までがお勧めです。

ご自分の健康寿命から引き算をして
”幸幸(ここ)ちゃん”の天寿を看取ってあげられると思いましたら、
どうぞ”幸幸(ここ)ちゃん”を家族に迎えてあげてくださいね。

ハンディを感じさせない、とても魅力的な子です。
モデルはすべて、会で保護した犬猫です。 保護施設、一時預かり宅での可愛いショット満載。

【カレンダーの購入でこんな援助ができます。】
* 1冊で1匹あたり6日分の餌代になります。    * 5冊で基本健康診断ができます。 
* 10冊で2回分のワクチン代になります。 
* 20冊で1匹の不妊去勢手術費用になります。 
 

お問い合わせ先

 

☎ 019-692-5920

FAX 019-691-1771

迄お願いします。

☎対応時間11:00~15:00

 FAX 24時間受信可

お問い合わせは

お問い合わせページから

TEL対応時間帯であっても動物のお世話等でお受けできない場合があります。ご理解の程お願い致します

 

譲渡会開催中

動物いのちの会いわてでは、新しい里親(飼い主)さんを募集する定例譲渡会を開催しております。
 
アニマルドネーション
「キモチをカタチに」人と動物の豊かな社会を目指す寄付サイト
「動物いのちの会いわて」は、アニマルドネーションの寄付先団体です。 
寄付先を「当会へ」指名してくださいね。
 

岩手大学・いのちのサークル「ねこの手」

 岩手大学の公認サークル!
アニマルシェルターでのボランティア活動、各種イベントへの出展や、学内での地域猫活動等を行っています。
当いのちの会シェルターの頼りになるボランティアさんです。